サンテレビ、NHKで市長選挙が報道

サンテレビはこちら

テレビ関係ではサンテレビとNHKで3月29日に報道いただきました。ぜひ二人の候補者の違いを演説で見比べてください。

NHKはこちら

サンテレビ、NHKで市長選挙が報道” に対して1件のコメントがあります。

  1. 百々 雅夫 より:

    高砂市長選が久々の2候補の一騎討ちとなっている。
    片や、企業団体組織の推薦状が山のように貼られ
    現市長をはじめ、現役市議が10数名も集会に参加し組織力をアピール
    もう一方の陣営は、企業団体組織の推薦状は皆無、僅か1名の現役市議
    と元市議2名のみの少なさ❗️まさに正反対、対照的な2候補である。
    色んな見方があるが、私は今回の選挙は
    「旧態依然とした現市政現状継続」か
    「このままではダメ!なんとか市政を変えよう」とする二者択一の選択と考えている。
    企業団体組織のバック、現役市長.市議多数の応援は確かに凄い
    しかしながら、今の高砂市の現状は誰あろうその方々が作った現状
    正に彼らの良きにつけ悪しきにつけやってきたことの結果に違いない。
    そのような多数の現役議員のしがらみの中で、複雑な利権が絡み合う企業のしがらみが加わる中で、少なくとも大胆な変革は期待できるとは言えまい❗️
    旧態依然の市政の継続、失礼ながらそう申し上げた理由はそこにある。
    片や僅か1名の現役市議の応援する候補は、自らの長年に亘る市議活動を通じそのような市政の現状をなんとかしたい、変えたいとの思いの出馬である。大胆な変化変革の為には、要らぬしがらみ利権に繋がりかねない推薦は敢えて断つ!2期8年で高砂市を変える!退路をたっての覚悟が滲む
    企業組織団体の代表である前に、まずは市民の代表市民目線での市政を実現
    したいと言う想いを感じる

    確かな事は、このままでは高砂は埋もれる!
    何とか変えなければ 未来はない!
    旧態依然 しがらみの中では 未来は拓けない!
    そう感じている。

    #高砂 #高砂市長選 #変革

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です