新型コロナウィルス感染症対策を市に提言

3月4日、新型コロナウィルス感染症対策について、「高砂の明日をつくる会」として高砂市に対し、代表のきたの誠一郎が提言書を提出いたしました。高砂市からは理事と担当部長が出席して受け取りました。今、地方自治体として危機管理能力が問われています。オール高砂でこの難局を乗り越えましょう!

理事と担当部長に提言書を手渡す

令和2年3月4日

高砂市長 様

    新型コロナウィルス感染症対策の徹底を求める申し入れ

    ~教育・福祉分野、経済・家計支援、市民への情報提供・支援~

高砂の明日をつくる会

代表 きたの誠一郎

新型コロナウィルス感染症対策に日々邁進されていることと存じます。市民の生活を安全に保ち、なおかつ、生活に影響のないよう配慮するという大変難しい綱渡りに敬意を表します。

特に小中学校の登校日を政府指定よりも1日ずらしたこと、相談業務を重視して土日も含めて対応を明言したことは他自治体よりも画期的な対応であり評価します。

私たちが「高砂の明日をつくる会」で収集した住民の声、国や他自治体の情報をもとに以下の3点の提言を行います。対応の参考にしていただければ幸いです。

1 【教育・福祉分野】小中学校の休業影響が最小限になる支援を 
1)学童保育だけでなく、低学年の希望者が学校に登校できる仕組みの周知を

2)学校よりも密集した学童保育の部屋に代えて教室の開放を
(厚生労働省が学校の先生の支援も含めて方針を示唆しました。)
3) 企業の支援なども活用し、保護者の弁当作りの負担軽減を
(ワタミ、ローソンはいち早く学童などへの弁当支援を表明しています。
4)子どもの「居場所づくり」の配慮も。例えば公民館を自習室に開放するなど 状況を見極めながら、先生による児童宅訪問や学年登校日の設定を

2 【経済・家計支援】中小企業対策や休校対応の保護者への政府の支援策の周知をいくつかの倒産事例がみられる中、中小企業への資金繰りなどへの支援策が必要です。

1)国が「セーフティーネット保証4号」を発動し、資金繰り支援に乗り出しました。HP掲載などの周知をお願いします。
2)学校休業への対応で仕事を休まれる保護者への政府対応も打ち出されています。市内企業への周知・啓発(日額8,330円の上限支給)など周知に努めてください。

3 【情報提供】市民への情報提供・支援(マスク提供、高齢者健康診断)現在のHPでは検索が難しく、情報提供の徹底とわかりやすい広報を実施してください。

1)高砂市が備蓄している1万枚を超える(✳︎15万枚以上とのちに判明)マスクを市民に提供する支援策検討を
2)発症が命取りになりかねない年配者の健康診断を実施してください。

これらの提言のほか、現在の相談業務に寄せられた一人ずつの声に対応することが必要です。危機をぜひ高砂市全体で乗り越えましょう。

                                   以 上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です